つれづれなるままに

モーニングノートの代わりに書いてます。主に今ハマってることとか。最近はミニマリスト→心屋仁之助さん→MEC食とか。

脳腫瘍の話の続き。

すみません、紹介してもらった病院の事を書いていませんでした;24日に行った所の話です。

そこは、離島の人でも受け入れてくれる所で、そこで約3cmあるって言われたんです。
手術ももしかして4月に本州に帰ってくるからその時やろうと思ってたんですが、『そんなに待ってたら危ない』って言われて。

もうね、びっくりですよ。小さいって聞いてたのでそんなに大したことないのかなって思ってたから。

その後、先生が手術に関して色々説明してくれてたけど、あんまり覚えてません。(ダンナが代わりに聞いててくれたみたいです)

『9月後半か10月前半くらいにはやった方がいいですね』って言われたので、ちょっと他のところでも聞いてみたいから少し待っていただいてもいいですかってお願いしました。

そしたら、『もう迷う(時間の)余裕はあまりないけど、もしここで手術するのか 他でやるのか決まったら、僕の所に電話をしてください。
脳外科の○○にって言ってくれたら毎週木曜ならいますから、繋がるようにしておきますので。』と、電話番号を紙に書いてそれをもらいました。

その後ダンナとどうするか話をしたんですが、ダンナが何だかだんだん怒りはじめて、道の真ん中で言い合いをして、最後に私は泣き崩れてしまいました。

本当に怖かったんです。頭を開けて手術するなんて…(自覚症状もほとんどなかったし)

結局その日はそのまま義実家に帰って
セカンドオピニオンは28日に行く事にしました。

なのでダンナとチョーナンは先に帰り、私とチョージョは1便遅れて戻ることにしました。(続きます)