つれづれなるままに

モーニングノートの代わりに書いてます。主に今ハマってることとか。最近はミニマリスト→心屋仁之助さんとか。

親子の愛情って誰もが絶対にもっているの?

こんにちは。またまた更新が遅れ気味です。

今日はツイッ〇ーをのぞいてたら、こんな記事を見かけました。

『結局、長女が原因で離婚した』

http://anond.hatelabo.jp/2017020115112

この書き手さんの気持ち、分からなくもないんですよ。

この方の前の記事↓

anond.hatelabo.jp

私も子供が2人います。長男(7)と長女(2)。長男が生まれた時は本当にかわいくてかわいくて、愛情かけて育てたつもりです。

でも、長女が生まれる前に、赤ちゃんが生まれると、上の子に手がかけられなくなったりするからどうしようと、心配でいろいろと調べたり対策を取っていたつもりだったのに

長女が生まれてから上の子がかわいくなく思えてきて、冷たい態度をとったりムダに怒ったりというのがしばしばでした。

自分でもこんなんじゃいけない、なんでこんな風になっっちゃったんだろうと悩んだりいろんな人に相談したりネットで検索したりとかいろいろしたんですが、そのまま数年たち、

ようやくなんとなく上の子との距離の取り方がわかってきたような気がします。

 

この書き手さんは、次女が生まれる前はどうだったのかとかは一切分からないんですが

もし生まれた時から嫌だったのなら本当につらかっただろうな、と。

 

たぶんすごく悩んだんじゃないかな、とか必死に愛そうとして、でも感情的にどうしても嫌悪感が出てきたんじゃないかとかいろいろ考えてしまいます。

 

私は、親子だからといって絶対に愛情が生まれる訳じゃないと思うんです。

 

実の母親なのに子供を愛せないなんておかしいんじゃないかとか他の人から言われたり、自分で思ったりしたんじゃないだろうか。

 

すごく残念なのはこの方、もう離婚されてて、たぶんもう修復不可能なんですよね・・・誰も幸せになってない気がする。

でも、もう長女を愛そうと無理しないでいいんだから、そのことについてはよかったのかもしれない。

 

推定でしか考えることができませんが、この方は心を病んでたとか性格に何か問題があるとかではなくて、

単に長女の性格とか容姿などの何かが自分と合わなかったんじゃないかなと。(長女ちゃんの性格が悪いとかそういうことではないです。どんな子なのか全く分かりませんが。)

 

血がつながっていても嫌いなものは嫌いだろうし、むしろつながっているから余計に憎く思えたのかもしれない。そう思うと血の繋がりって本当に残酷だなと思います。

(これは私だけが思っている事なので、一般的な考えとは全くかけ離れてると思うし、

たぶん反論される要素がたくさんあると思いますので、おかしいと思われる方は流すかブラウザバックをお願いします。)

 

でも。

この方はカウンセリングもいろいろされてたようなんですが、だれか共感してくれる人が1人でもいたら。旦那さんとかでも誰か、ただ話をじっと聞いてくれる人がいたら。

こんな結末にはならなかったんじゃないかなとか。

思ってしまいます。

 

私にも起こる可能性がある話だったので、黙ってスルーできませんでした。

(読んでいて不快に思われた方がいらっしゃったらすみません。)