つれづれなるままに

モーニングノートの代わりに書いてます。主に今ハマってる事とか。最近はミニマリスト→心屋仁之助さん→MEC食など。今年8月に脳腫瘍が見つかり、9月に手術しました。片耳ほぼ聞こえません。

まなゆい 「愛結」って何?

えーとこれはちょっと前に知ったんだけど、

まなゆい「愛結」って知ってます?

http://www.manayui.com/about

これは気になる事に対して『私は○○を受け入れ、認め、ゆるし、愛します』

と唱える全肯定のメソッドです。

ちょっとホ・オポノポノと似ているなーと思ったんですが

抵抗がある事に対してこれを唱えるとだいぶ楽になる気がします。

とりあえず何となく思いついた事を言ってみたんですが

1番抵抗があったのが

『私』でした。

びっくりですね…自分が自分を許せていなかったなんて。

(たぶん理想が高いんです。それに追いつかない自分が許せないんだと思う)

でも、自分に対する態度が世界が自分に対する態度になるようなので

少しずつでも緩めていきたいなと思います。

鋼の錬金術師の感想。

最近更新が飛び飛びですみません。

今日アクセスが急に増えててびっくりしました…

ぼちぼちやっていきますのでまたよかったら遊びにきてくださいm(__)m

今日病院に行ってきたんですが、予約してたけど2時間くらい遅く診察室に呼ばれて。

そのおかげで鋼の錬金術師(漫画)の完結まで読むことができました←

(病院に漫画がたくさん置いてあるんです)

やっぱいいですね、あの話は(いまさら)

少年にはハードすぎる運命だと思うけど、最後はアルも体を取り戻したし、エドも右腕だけだけど元に戻ったし

ウィンリィとも婚約?したし、大体みんな幸せになれてよかったと思います。

(しかし等価交換がアレとは思わなかった。てか、前に見たのに忘れてた)

ハガレンで好きなのは、出てくる人達が悪者でも人間味があったり、

力がない人でもどこかしら見せ場があるし

敵対する人が味方になったり、戦ってもみんながみんなを殺そうとしないところですかね。

みんなどこか愛嬌があって憎めない。(私はエドが1番好きですが、

エンヴィーやグリード、グラトニーやリンが好きです。他にもいるけど書ききれない。)

あと、エドがグリードと手を組むために手下になってやるって言った所も好きですねー。

自分の願いをかなえるために、プライドを平気で捨てる。そういうところが

潔いなーと思います。

結局お母さんは生き返らせられなかったけど、代わりにたくさんの仲間ができたし

お父さんとも仲直りできた。背も伸びたしねw

(でも私は小さいエドが好きだったw)

アニメで見たけどやっぱり原作を最後まで読めてよかったです。

病院にはいろんな漫画が置いてあって、私も以前『惑星のさみだれ』っていうのを

全巻寄付したんですが、半年か1年くらい経ったらもう置いてなかった…

シャコタン・ブギとかテラフォーマーズとかよりおもしろいと思うんだけどな…

(日常とSFが半々で、ちょいちょい笑いが入ってる感じです。

面白いのでよかったら読んで見てくださいー)

まあ、いいんですが。

他にもこれは!と思った事がいろいろあったので、また更新しますー。

蚊に刺されないビックリな方法。

最近更新してなくてすみません。

長男の運動会の準備とかでバタバタしてまして。

心屋さんとは違うんですが、昨日ダンナから画期的な蚊に刺されない方法を聞いたのでシェアします。

ためしてガッテン』で見たらしいんですが、

蚊に刺されやすい人とほとんど刺されない人っているけど

その違いって何だか分かります?

体温が高いとか、汗をよくかくとか、二酸化炭素をよく出す人に寄ってくるとか

色々聞くけど、

一番の原因は

足の常在菌の種類

だそうです。

それの発生する匂い(人ではかぎ分けられないくらいらしいですが)

が蚊を誘引させるらしく、

それを防ぐ為には足首から下をアルコールをつけたティッシュで拭いたり

足元を洗ってから外出すると、刺されにくくなるそうです!

(常在菌が多い人ほど刺されやすいらしい)

私もすごく刺されやすいので昨日さっそく足を洗って出かけたけど、刺されませんでした。

(自転車だったからあまり刺される機会がなかったかもだけど)

でも、冬でも刺されたりするからとてもいいことを聞いたなーとホクホクしてますv

もうね、子どもといても私の方だけ刺されるとか普通だったから💧私がいれば蚊除けになってたから。

今度から外出する時は、子どもと自分の足を洗ってから出かけるのがルーティンになりそうです☺

(効き目は数時間くらいみたいなので、汗とかかいたら洗ったほうがいいかもですよー)

世界が自分を大事にしてくれる方法とは。

オタマメソッド
http://s.ameblo.jp/jibunnikaeru/entry-12192893457.html

これすごい大事な事だと思う。リンク飛ぶのがめんどくさい人に説明すると、

自分の中の神性を大事にすると、自分も世界から大事にされる。みたいな話(まあ読んでみて)。

あと、「自分の心の声に従え」みたいな事を仁さんはよく言ってるけど、

この心の声ってインナーチャイルドの事だよね。と、この記事読んで思った。

で、ふつう理性の方で否定しちゃったりしてだいたいその声に従わない事が多いと思うけど、

インナーチャイルドって3才とかそのくらいじゃない?

3才ってったらうちの下の子と1才しか違わない。そんなん赤ちゃんみたいなもんじゃん。

ここで言ったら保育園のかめ組さんよ。そんな子の言う事、普通はホイホイきけないよ。

でも、聞かないと

なんか思ったようにうまくいかない

とか

なんかいつも苦しい

とかなっちゃうんだね。


だって自分の本心とは違うことしてるから。

だから、そんな事をしたら嫌われるかも

とか

そんなのなんの意味もないとか

怖かったりしても

自分の心の声が言ったようにしてみた方がいいんだろうね。

と思いました。

これ、やってみて何か変わったひとはタマオキアヤさんのブログに報告してあげてください。

私も絶賛人体実験中です(自分で)。

観光スポットへ行ってきた。

今日は手話サークルがらみで聾者の女の子二人が観光スポットに行くので

「一緒に行かない?」と、昨日メンバーのガイドさんに誘われたので
一緒に行ってきた。

9時に宿泊地の前で待ち合わせだったのに、ギリギリになったので

またダンナに送ってもらった(ダンナありがとう!)

ちょうど出発するところだったので、山のふもとまで車で連れてってもらって

車を停めて、荷物を持って出発。

今日行く観光スポットは、ある形をした岩で、そこまで登って、

片道だいたい2時間といったところ。

私は運動がホントに好きじゃなくて、1日中家の中にいてもあまり苦痛じゃないけど

せっかく観光地に住んでいるから色々見ておきたいなーというのはあったから

(今年で5年目なのにあまり行ってない)

行こうかどうしようか半々で悩んで、行く事にした。


道はけっこう凸凹してて、歩くスピードもわりと早めで、

ガイドの人が「この速さで大丈夫?」て聞かれた時、遊びにきたAちゃんとKちゃんは

「大丈夫です」と言っていたので私も「はい」って言ってしまった。。

でも途中途中で、戦時中の乗り捨てた車の残骸とか、

本州では見ない類の植物やら色々説明のために止まるので、

その間に水を飲んだりひと休みしながら説明を聞いていた。

でこぼこ道を上ったり降りたりして、二時間半後、開けた所に出た。

そしてまた少し降りて土の道に出たけど、そこから海が見えてホントに絶景!

f:id:m_omo:20160919204311j:plain

そこから少し裸の山道を登っていって

f:id:m_omo:20160919204436j:plain

到着!

f:id:m_omo:20160919204551j:plain

とっても見晴らしがいいところ。

柵も何もないから、あまり端っこに行くと落っこちるので「気をつけてね」と、

ガイドさんに言われた。

みんな平気できわまで行ってたけど、私は高所恐怖症だから

全然無理ですごーく内側でうろうろしてた。

でも天気もいいし、見晴らしもよかったからとっても気持ちがよかった。

AちゃんとKちゃんは色んなポーズでバシバシ写真を撮りまくっていた。若い。


ひととおり撮影した後はみんなでお昼。

おなかがすいててあっという間に食べてしまった。

ガイドさんが梨をみんなにくれて、私もいただいた。甘くて美味しい(^q^)


その後また少し写真を撮って、少し雑談して、下山。

「帰りは違う道を行くからね。だいたい下りだから。」

と言われたので少し安心して歩いていったけど、

やっぱり獣道だし木の根っこや大きな石もごろごろしてたから、けっこう疲労がたまっていった。

でも途中で大きなガジュマルの木に登ったり、野ヤギ(これは私はここに住んでるからそんなに珍しくないけど)の

家族連れが崖を歩いてるのを見たりして、

観光しながらだったからそんなにフラフラにはならなかった。


f:id:m_omo:20160919221128j:plain

防空壕の中に入ったりとか笑

途中でスマホの電源が切れて、時間も分からないし写真も撮れなかった(カメラ持ってこいっていう)けど、

そろそろふもとまできたかなっていう時にどこかの家で時報が鳴ったので

3時くらいかな?と思っていた。

やっと下までついて、休憩所みたいな所でガイドさんが

自家製のレモンジュースみたいなのをみんなにふるまってくれたんだけど、

めっちゃうまかった。(すでにまたお腹空いてたし。Kちゃんは「すっぱ!」って言ってたけど。)


で、また車に乗せてもらって、家まで送ってもらった。(Yさんありがとうございます!)

ホントはガイドしてもらうからお金がいるんだけど、

今回は手話の勉強会ってことで誘ってもらったから要らないって最初に言っていただいて。

ありがとうございます。(でも歩くので精一杯でほとんど覚えてない…)

代わりといってはなんだけど、KちゃんとAちゃんがここの蜂蜜を欲しがっていて

市場にほとんど出回らないからオークションで買ってるって聞いたから

知り合いの農園で蜂蜜を買えるから、言えば送るよ、って話をして、

それから何となく1瓶譲る流れになって

家にあるここの蜂蜜をあげた。2つあればよかったんだけど。

でも喜んでくれたみたいだったのでよかった。


家に着いて時計を見たらもう4時半でびっくりしたけど、

まあ色々説明の時に結構時間かけて写真撮ったりしてたからしょうがないかな。

1日がかりで大変だったけど、楽しかった。


でもしばらくもう山登りはいいかな笑

体重の増減と自分の価値。

ここのところ割と体重キープしてたけど、8月初めから比べると

だいたい2、3キロ体重が増えてる。

そのまま増えそうな感じなので、何でか考えてみた。

まず、先月ダンナと上の子だけ帰省した。

ので2週間くらい自由な時間があった(下は結構融通がまだきいたので問題なかった)

それで、この時くらい自由にご飯も食べようと、お弁当を買ってきたり、

いつもより好きなものを食べていた。多目に。

2番目にずっと心屋仁之助さんのブログを結構読んでて、

その中に好きな物を好きな時に好きなだけ食べてたら

1キロ痩せたっていう人がいて、真似してみた。

そしたら、太った。

なんで?←


1番目の理由は、貧乏性。ダンナは別に私が好きな物を食べてても気にしないのに、

勝手に制限を自分でしてて、そのタガが外れちゃった。

2番目は、たぶん今まで思っていた自分と、思い込みを変えたい自分とのギャップのストレス。

なんでか私の中に小さい頃から『自分はつまんない人間で、価値がない』

みたいな思い込みがずっとあって、心屋さんの『「自分はすごい。素晴らしい」と思おう。』

という話と真逆の思考。

だから、自傷も最近一時期出たし、太れば『自己管理もできないなんて

やっぱり私は価値がない人間なんだ。』と無意識に思っていたいのが出てるんだと思う。

小さい頃に学校のマラソン大会で150人くらい走って、頑張って15位に入ったのに、

お父さんから「お前は毎朝のジョギングをサボってるから

いくらそんな順位をとっても全然つまらない。ヘナチョコ15番だ!」

って怒られたりしたのが、未だに残ってるのかも。


両親との確執はすごく深いから、私はまだずっとお母さんを許せていないし

年末年始も帰っていない。

先月のお父さんの30回忌の記念会も、病気を理由に帰らなかった。

そういうのがたぶん肥満の原因なんだろうなと思う。

少しずつ自分を許したい。まあできたらお母さんやお父さんの事も…

できるか不安だけど。

手話サークルでの出来事

今日も手話サークル。

ダンナが早く帰ってきてくれて、時間通りに行けた(ダンナありがとう!)

「今日は梨があります。」ってしょっぱなから主催者さん。

いつも何か分けてくれるな…

初めは私入れて3人だったけど、その後Yさんが子どもと来てKさんが来て、

と続々きて今日はみんなで7人。

先週は風邪で休んじゃったけど、たぶんいつもこのくらい。

初めてお邪魔した時にいらしてた聾のご夫婦から梨と手紙が届いたみたい。

手紙の内容を主催者のY谷さんが手話でやってくれたけど、

『ありがとう』くらいしか分からなかった…

内容を少しずつ説明してくれて、みんなで真似して派生の言葉も教えてもらったりした。

ご夫婦は子ども二人連れで四人でここに観光に来て、亀センターでアオウミガメの説明を聞いた時に

サークルの人が通訳して、それをしたの女の子が夏休みの自由研究でまとめて出したら、

学校の代表に選ばれて市で展示をするらしいみたいな事になったらしく、

他にも色々サークルの人が案内したらしくてそれで梨を贈ってくれたみたい。

終わりにみんなで分けて持ち帰った。


で、Yさんの子は中1の男の子だけど、テニス部らしくて6時まで練習してたらしく

ヘロヘロで途中で「30分だけ寝たい…」とか、しばらく寝た後「帰りたい…」とか言ってて、

前までは『何だろうこの子』とか思ってたと思うけど、今は『自由に言えていいなー』とか

そういう思いの方が強い。気がする。

前までは『ちゃんとしないなんて』とか変に真面目な気持ちが多くて、

そういうので他の人をよく心の中で批判してたなーと思う。。

主催者さんも「手話で『30分だけ寝たい』ってやったら(寝ても)いいよ」とか、

「帰っていいよー」とか言ってて、全然ゆるくていいところ。(人柄なんだろうな…)

で、9時に終わるんだけど、その後もみんな集会所の玄関前あたりで少し雑談してて、

今までの私だったらダンナに子どもを任せてるから早く帰らなきゃ!って焦ってたけど

いいや、のんびり帰ろう。

とみんなと少し付き合って、普通に急がないで帰った。


そしたら、下の子は私が戻ってきた音を聞きつけて泣いたけど上はもうぐっすり寝てたし、

下も寝かしつけて2,30分くらいですぐ寝ちゃった。


楽~♪

もう前の生活には戻れない😆

f:id:m_omo:20160914000159j:plain

大きな梨。何にもしてないのに貰っちゃった。ありがとうございます💕✨